省エネについて

はじめに

2020年10月、気候変動問題の解決に向けて、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」の実現を目指すことを宣言し、2021年4月には、2030年度に温室効果ガスを2013年度から46%の削減目標とすることを決定しました。
これを受けて、日本におけるエネルギー消費量の約3割を占めるという建築物分野での取り組みは非常に重要なものとなっており、建築物の省エネ性能をより一層向上すべく対策の強化が進められています。

住宅の省エネについて

2021年10月に策定された「第6次エネルギー基本計画」では、「2030年度以降新築される住宅・建築物について、ZEH・ZEB基準の水準の省エネルギー性能の確保を目指し、整合的な誘導基準・住宅トップランナー基準の引上げや、省エネルギー基準の段階的な水準の引き上げを遅くとも2030年度までに実施する」とあり、カーボンニュートラル実現に向けて各種施策を講じられています。
下記の項目について、「わかりやすいサッシ・ドアの性能」-「住宅建築物の省エネルギー基準の概要 BASIS追補版」(日本サッシ協会発行)より紹介します。

 建築物省エネ法の概要
 省エネルギー基準
 地域の区分
 評価方法

開口部の省エネについて

住宅の省エネルギー性能の確保には、住宅の高断熱化が重要です。特に熱の出入りは、壁や屋根に比べ、窓やドアといった開口部を経由している割合が高いことから、この部分の対策を進める事が効果的です。
「第6次エネルギー基本計画」では、住宅の省エネ化推進と同時に、建材についても「建材トップランナー制度における基準の強化等の検討を進める」とあります。これを受けて、資源エネルギー庁に設置の審議会にて従来の建材トップランナー制度及び窓の断熱性能表示制度の見直しが行われ、その結果が2022年にとりまとめとして公表されました。

 窓のトップランナー制度のとりまとめ

 窓の断熱性能表示
  ・窓の性能表示ラベルにかかるガイダンス
  ・窓の断熱性能表示制度のとりまとめ
 
 窓の性能向上による省エネ効果

 窓で節電対策を!(チラシ)

開口部の性能評価について

 開口部の性能【住宅】
 開口部の性能【非住宅】

開口部関連の補助事業について

 住宅省エネ2023キャンペーン
  2050年カーボンニュートラルの実現に向け、窓やドアの断熱性を高める工事を支援するため「先進的窓リノベ事業」や
「こどもエコすまい支援事業」といった補助事業が行われています。
  キャンペーン用チラシ

参考情報

1.ZEH、ZEH-M、BELS 「都市の低炭素菓の促進に関する法律」(エコまち法)と低炭素建築物
2.「わかりやすいサッシ・ドアの性能」-「住宅・建築物の省エネルギー基準の概要 BASIS追補版」一式